献花そして最後の訴え

更新日:7月10日



眠れぬ夜が明けて、今朝大和西大寺駅にて献花しました。


最後の最後まで安倍元総理のご無事をお祈りしておりましたが、謹んで御冥福をお祈り致します。

長年日本国のために尽力してくださった方に対しての酷い蛮行に怒りと悔しさで、言葉もありません。


6月に安倍さんの演説会で、世界の先進国で数十年前の憲法を変えていないのは日本だけであり、今の時代に合わせた憲法にしていかなければならないという強い思いをお聞きし、憲法改正は責務だということを改めて胸に刻みました。


日本国民と国土を守れるのは自由民主党だけです。


私たちは国民の命を守るため、責任政党として最後まで闘い抜きます。

こんな時だと思わず、投票に行って下さい。


どうか、吉井あきらを国会へ押し上げてください。


言論に対する暴力に対峙できるのは言論の力だけです。

最後の街頭演説会も開催します。


お時間ある方は、是非お越しください。