同志社女子大学 学生の事業発表会


<参照 京田辺市議会Facebook>


同志社女子大学メディア創造学科 プロジェクトプランニング演習の報告会に広報広聴特別委員会がオブザーバーとして参加しました。


プロジェクトプランニング演習とは、学生がチームに分かれ仮想企業を立ち上げ、「地域振興、人の繋がり、地域の魅力発見と発信」などをテーマに、ブランチ松井山手でのイベント開催や玉露を用いた教育アプリの開発といった様々な事業に取り組んでおられます。


学生さんが1年かけて、地域を巻き込んで取り組んできた発表を拝聴しておりますと、学生ならではの感性といいますか、若者の視点で「まちづくり」「地域振興」を知ることで、新たな気づきがあり、非常に勉強になりました。


市議会はじめ行政はPRがあまり得意でないので、SNSの活用は是非、学生さんのアイデアを取り入れていきたいなと思いました。


1年間、お疲れ様でした!必ず社会人で生かせると思います。

皆様のご活躍を心より応援しています!!